【吹田に残る 懐かしの「駄菓子屋さん」に行こう】 駄菓子「こたに」@垂水町

こんにちは!青レンジャーのちえです!

 

今日は人情味あふれるお母さんがひとりで営んでいる垂水町にある「駄菓子こたに」にお邪魔してきましたー

 

駄菓子屋さんって、なんだか懐かしい気持ちになりますよね。わたしも子どもの頃、よく近所の駄菓子屋さんへ行っていたので当時を思い出しちゃいました♫

 

オトナも目移りしちゃって大変な、盛りだくさんの店内

 

店に入ると、長細~い店内に、奥まで駄菓子が並んでいます。

すごいボリューム!私が思い描いている、あのお菓子もこのお菓子もありそう!って思えます。

水に溶かして飲む粉のジュース♫そうそう!こういう感じです

男子が盛り上そうなものって、今も昔も変わりませんね~笑

わが子もこのおもちゃ箱のような状態に盛り上がっていましたが

むしろ私が目移りしちゃって大変でした笑

 

私が子供の頃に買っていた金額と同じ値段で置いているものもあったり、ああ、このお菓子は誰と一緒にいたときに買ったなあ~、とかリアルに思い出しました。

 

単なる「駄菓子を売っている場所」というより「イベント会場」です~
 
売っている駄菓子にひとしきり盛り上がって、店内を見渡すといろいろ興味深いものが!
 
まず、入り口にカメがいます!。店のマスコットとしてこの店が出来た13年前からいるそうです。名前は「かめさん」です笑
 
 
こんなものもありました。
 
千三小学校(吹田市立千里第三小学校)の小学5年生(当時)かづちゃんという子から、頂いたプレゼントです
 
これは、、このお店のミニチュアですね!! 左下はかめさんだ(芸が細かい)!
 
 
夏休みの工作の宿題でしょうか。いずれにしても、よっぽど愛されていないと地域のお店は工作のテーマにならないと思うので、すごい!
 
さらに見ていると
 
かたぬき1回10円で、今年のチャンピオンになればすてきなプレゼントが・・・♪
 
 
あと、40円で『スーパーボールあて』のくじを引かせてくれます♪
 
こういうちょっとしたアトラクション、子どもが大好きなやつーー!!
 
 
 

すみずみまで見逃せないな~と感心しちゃいました。

 

この店主さんだから、長く続いているんですね~
 
さっき画像の写っていた、右の緑Tシャツの方が店主のこたにさんです★
 
 
この店はお義父さんのお店を継いでいるそうなんですが、
 
昔は幼稚園の先生をされておられたとの事で、ちょっと聞くだけで街の先生というか、面倒見の良さがすごいんです。
 
まずどの子にも、声をかけて、出来るだけ名前を覚えておられます
 
小さい子には支払いの時に、算数の勉強代わりにお代やお釣りの計算に付き合ってあげたり
 
ちょっとヤンチャな子は、真摯に声をかけて向き合って更生を導いたり、、と
 
エピソードがたくさん!
 
懐かしい駄菓子屋を紹介しよう!と訪れた最初の印象の何倍も、魅力的なお店でした!
 
『また、こたにさんに会いにこよう。』そう思って店を後にしようとした時と、遠方からのお客さんが・・・さすが、こたにさん!以前に一度、遠方から雨の日に足を運んでくれたそのお客さんのこと覚えられていました~!
 
ちょっと遠いところからも行きたくなる、そんな”駄菓子こたに”。
 
ぜひ今週末、お子さまを連れて行ってみてください!!
 
 
駄菓子 こたに
〒564-0062
大阪府吹田市垂水町1丁目31-6
定休日:月曜日
営業時間:14:00〜19:00
 
地図はこちら
 
 
本日も読んでいただきありがとうございました!

 

◆「吹チャン!」公式Instagramのフォローもお願いいたします◆

  https://www.instagram.com/suichan11/

◆「吹チャン!」で過去に掲載した店舗の「おトク情報」はこちら◆

  https://suichan.jp/otoku

 

 
 
  • 昨日のアクセス数:12182
  • 今日のアクセス数:01473
  • これまでの合計 :12163942
pagetop