【吹田でパン屋を始める人に聞いてみた(後編)】12/10(日)オープンAssjhengano(アッシェガノ)@JR吹田駅近く

こんにちは☆
吹チャン!桃レンジャー いくです♪


本日も昨日に引き続き

 

JR吹田駅すぐ近くの錦通商店街に

12月10日(日)にオープンするパン屋さん
【Assjhengano】(アッシェガノ)

の店主さんインタビューです。

>>昨日の記事はこちら!




【後編】
~そして、私はこの週末パン屋の店主に~

パン屋さんになる転機が訪れた!

 

ある有名飲食店のベーカリー部門のお手伝いを頑張っておられた中、世はコロナ禍に。

 

そこで、またも転機が・・・



当時、多くの飲食店がそうだったように、たくさんのステキな出会いをさせてもらったそのお店が、コロナの影響もあり閉店することになりました。


閉店を免れた東京にある店舗の方で働かないか?とのお話ももらいましたが

自分が、生まれ育った街である吹田でたくさんの人に助けられ、子どもや家族に支えられて来た、という事を改めて思い、お断りされました。


 

では、どうするか、、ということで、まちゃさんの次の人生の模索がはじまりました。

コロナで強制終了になったこともあり

 

やはりパンに関わる場がいいなあ、、との思いは続いていたのですが

 

とはいえ、パン屋さん人生も長くなってきたので

 

ためしに違うパン屋さんで働いてみたものの、悪くはないんだけど、ちょっと違うなあ、私だったらこういう風にするのになあ、という、いわゆる「コレジャナイ感」を感じる日々でした。

 

そんな中、お正月に少し疎遠になっていた弟さんと話す機会があり「最近、何してる?」という世間話として、上のような話をしたところ

 

弟さんが「なら、姉ちゃん、自分の店持ったらええやん。俺も協力するで」と、まさかの申し出が。

 

そうか、自分の店を持てば自分の理想の店ができるのか!

 

こう書くと当たり前ですが、当時のまちゃさんには大変な発見というかひらめきでした。

 

飲食業界は、どちらかと言えば、早く一人前になって自分の店を持つぞ!という、独立志向の強い業界ですが

 

まちゃさんは、もともと違う業界の会社員出身という事もあり、あまりそういう発想にになっていませんでしたが、弟さんのふとした一言でパッと視界が開けました。

 

なら、そうしよう!!きっとこれが私の第三の人生だ!

 

こうして、まちゃさんは「きょうだいで営むパン屋さんの店主」という次の人生のきっかけを引き寄せました。

 

幼い日のまちゃさんと弟さん(ご本人から提供いただきました)

 

抜群の「店のストーリー」が見つかった!

 

さっそく、どんな店にするかのアイデアを練り始めたまちゃさん。

 

コロナ前までいた店が、ユニークで強いコンセプトを持ったお店だったこともあり

 

「飲食は、ただ美味しいものを出すのではなくて、その店ならではの『ストーリー』が必要」

 

ということを痛感されていました。

 

そこで生み出されたのが、自分が大切にしたいもの、支えられてきたものである「家族」をキーワードにした

 

「家族と共にあるパン」

 

というストーリー。

 

これをひらめいたことで、店づくりは一気に動き出しました。

 

たとえばメニュー

 

これはメニューの一つとして予定している「小さな食パン」

一人暮らしや それほどたくさん食べないお年寄りの方にも、一斤まるごとパンを買う幸せを感じてもらいたい、という思いから生まれました。

 

ロゴなどの、店のイメージをつくるデザインまわりも

 

「家族」と言うコンセプトを決めていたので、それをイラストが描ける友人に形にしてもらったのが、インスタなどでも発信されている、店舗のイメージイラストです(下など数点)

 

 

また、店自体も、まさに「家族のようなご縁」で出来上がっていて

 

お店の壁にも娘さんの友達の芸大出身の方が絵を描きに来てくれたり

手伝いに来てくれた多くの仲間が来てくれたり


娘さんも店を一緒に手伝ってくれることに♡


親子で並ぶ姿。素敵ですね♪




そんないろんなお手伝いをしてくれる
素敵な仲間がまちゃさんの周りにはたくさんいるんだな~と感じましたね♪

まさにこのようなまちゃさんの人柄や、まわり環境から自然に生まれたのが「家族と共にあるパン」というストーリーなんだなあ、と実感しました。

 

感謝と笑顔の日常を・・・☆

 

ということで、もう間もなく、たくさんの思いの詰まったお店がスタートするわけですが

 

まちゃさんの一番の実感は

 

「まさか弟とこんな風になるなんて想像もしていなかったので、人生はどこで何が起こるかわからない!」だそうですよ

 

そして今思うことは

 

応援して下さる皆様に感謝を忘れずに、生まれ育った吹田で自分の出来ることで
「ありがとう」を伝えていきたい。

ただいま試作中!

家族や友達、仲間とけんかして泣いたり、怒ったり、クソっと思ったり・・・でも最後に喧嘩もおもろかったな~笑・・・と




ガハハと笑顔になれたときに、アッシェガノのパンがあって、かじりついて 
くらいついてくれたらサイコーです!!!とのことでした。


インスタより試作品

最後に、ちょっと珍しい語感の店舗名(アッシェガノ)について

「アッシェ」とは、アフリカのマサイ族の言葉で「ありがとう」と言う意味なんだそうですよ。そうか!そこにつながるんですねー。

 

そこに「家族」「パン」に関係する言葉を組み合わせた造語がAssjhengano」とのことです。詳しくは店のインスタのこの記事をみてくださいねー。

 

ちなみに、まちゃさんがなぜマサイ族が好きかについては、書くと長くなるので笑、お店で聞いてみてください🎵



そんな店主の「まちゃさん」が作るパン屋さん。


どんな「家族と共にある」パンが生み出されてくるのか楽しみですね~


オープンしたら、またお邪魔させていただきたいと思います♪



Assjhengano(アッシェガノ)

住所:大阪府吹田市朝日町5-22

営業時間  9:00-19:00
      *木曜日のみ 11:30~17:00(焼き菓子のみ販売)
定休日   水曜日

公式インスタグラム:@assjhengano_macha

 

<「ちょい足し」吹チャン!>

今回の記事とあわせて、「前編」の記事も読んでみてください


本日も読んでいただきありがとうございました!


◆「吹チャン!」公式Instagramのフォローもお願いいたします◆

  https://www.instagram.com/suichan11/

◆「吹チャン!」で過去に掲載した店舗の「おトク情報」はこちら◆

  https://suichan.jp/otoku

  • 昨日のアクセス数:13065
  • 今日のアクセス数:01782
  • これまでの合計 :10864356
pagetop