江坂公園近くにある【女性や子どもから文化を創る】オーガニックスーパー・絵本屋さん「crayonhouse(クレヨンハウス)」で店長さんにお話聞いてきた。

こんにちは!吹チャン緑レンジャーのまきです♪


今回は垂水町、江坂公園の近くにある
 

「crayonhouse(クレヨンハウス)」さんに行ってきました!  

地図ではこちら  

入口左側に有機野菜コーナーがあります!  有機野菜と聞くだけで体によさそ~(*^-^*)


店内に入っていくと


  種類豊富な離乳食コーナー うちの子どもも喜びそうなお菓子が☆彡 


調理場があり  

お惣菜やお弁当もありました。 なにか帰りにかってかえろうかな~♪


  離乳食コーナーの奥には階段があり、  

登っていくと  

絵本がたくさん置かれていました (^^♪
節分が近かったので、鬼に関する絵本がずらりと!!


 奥には赤ちゃんの雑貨、オーガニックコスメ  

オーガニックコットンで作られた服も置いてありました。  オーガニックコットンって気持ちいいですよね~♪

  

そしてママさんに朗報!
おむつ替えシートと授乳室がありました~!! おむつ替えができる所って少ないのでほんとありがたい(*^-^*)


スーパーと本屋さんが一緒って不思議ですよね~
店長の山本さんにお話を伺いました。


  ーどのようなコンセプトのお店で、オープンしてどれくらいになるんですか?


山本さん「ここは作家の落合恵子が始めたお店で、落合が幼い頃自由に本が読める本屋がなく、自由に読める本屋を作りたいと思ったのがきっかけで子供の本屋を始めました。 子どもの視点・女性の視点が文化を創り、発言できる場所を作りたかったそうです。 店舗が東京にもあり、そこは1976年からオープンし今年で45年、大阪は1991年江の木町にオープンし、今年30年になります。江坂に移転してから20年です。」   ※オーナーの落合恵子さん 作家でありラジオDJもされているそうです。


落合さんの夢がつまった場所になってるんですね~ 30年前からあったなんて知らなかった( ゚Д゚)    

ー「クレヨンハウス」の由来を教えてください。


山本さん「子どもが一番最初使う画材で心に描いたものを表現するのに使うのがクレヨンだからです。」  


確かに!うちの子どももはじめてのお絵かきで使ったのクレヨンでした!  


 ーオーガニックスーパーもやられているようですがどおいった経緯ですか?


山本さん「落合はレストランも経営していて無添加のものを提供したいという思いから東京でオーガニックレストランをはじめ、大阪でも有機野菜を置くようになりました。入り口にある有機野菜コーナーは温度管理しているので夏の時期は扉が閉まってるんですよ~」  

なるほど~!たくさんの野菜と  

くだものが置かれていて海外のスーパーみたい♪  

ーお客さんで多いのはお子さん連れの女性が多いんですか?


山本さん「もちろんお子さん連れの女性も来られますが、子育てに協力的だったり、料理される男性が増えたこともあり男性の方も最近は多いです。」  


パパさん、料理男子、どちらも素敵☆彡 男性がオーガニックスーパーで買い物してるのっておしゃれ~♪ (←私だけかな?(笑))


 ー絵本について聞かせてください。オススメの絵本はありますか?


山本さん「うちでは長年愛されているものをおすすめしていて、話題性に左右されず、新刊はスタッフで相談し今後残っていくであろうという本を置くようにしています。」  


話題性に左右されない!ってカッコイイ! だるまさんシリーズやいないいないばあっ!は知ってる人も多いですよね~  

山本さん「その絵本をうちでは封をせず、その場で読んでもらえるようにテーブルとイスを置いています」  


コロナ前はここのイスにもテーブルがあったようですが今はイスだけ置いているそうです。  

ー木のおもちゃがたくさんありますね~


山本さん「壊れても修理できて長く使ってもらえるものをおいています。今は出してませんが、サンプルで置いてあるものも壊れては修理を繰り返しているものです。(^^♪」
 木のおもちゃって温かみがあっていいですし、プレゼントで頂けたらすごい嬉しいですよね~!  

こんな言葉をみつけました。 山本さん「絵本って奥が深く読む年代によって感じ方が違うので子どもから大人までたのしんでもらえると思います。」  


オマケ付きという言葉がなるほどな~ってなりました。 クレヨンハウスは子どもの本屋さんですが大人は子どもの頃読んでもらったり、見た絵本を見つけては懐かしく思い、また見返したくなりますね~  

さてお腹が減ってきたので1Fに移動。


撮影してるときにはあった店内調理で作られているお弁当を買おうと思っていたのですが購入時に売り切れていました。 残念(>_<) ※次お店に行ったら真っ先に手に取ろうと思います。  


なので名物のコロッケが挟んであるコロッケバーガー¥352+(税)とかぼちゃプリン¥232+(税)をいただきます!  





コロッケはビック¥241+(税)を買いました!
どんだけコロッケ食べるん!?っておもいますよね~(笑)
コロッケはテイクアウトしました(^^)/  
ドリンクにあったかいジンジャーレモン¥450+(税)を注文。  
有機じゃが芋がゴロゴロ入ったコロッケに、発芽小麦のパンとコロッケによく合って美味しかったです!
パンが少し硬めの生地感なので食べ応えありでした。
ジンジャーレモンはすりおろしたショウガが入っていたんですがそこまでショウガがきつくなく飲みやすかったです。  

クレヨンハウス自慢のスイーツカフェかぼちゃプリンさん


 かぼちゃがすごく濃厚で美味しいんですがカラメルを絡めると新たな美味しさがうまれ二度美味しいかぼちゃプリンでした!  

クレヨンハウスはいつ来ても開いているお店にしたいという落合さんの想いがあり年中無休(年末年始を除く)で営業されているようです。


絵本を選んで、デリを選んで、おもちゃを選んで、女性はコスメやファッションを選んで、と家族みんなが楽しめるお店でした♪ 山本さんお忙しい中ありがとうございました!(*^-^*)  


crayonhouse
住所 吹田市垂水町3-34-24
電話 06-6330-8071
営業時間 1F 10:00~20:00 2F 10:00~19:00
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1F&2F 11:00~19:00
年中無休(年末年始除く)
駐車場 3000円以上購入で近隣パーキングで使える300円の駐車サービス券がもらえるようです。   公式HP      

  • 昨日のアクセス数:03159
  • 今日のアクセス数:02615
  • これまでの合計 :00230685
pagetop