非日常と日常のご飯を美味しくいただける「日本のいいもの食堂 ハレとケ」津雲台にあるこだわりがつまったお店でいただく日本の味☆

こんにちは!吹ちゃんムラサキレンジャーのあいです。
今日は、、、津雲台にあるご飯屋さん「日本のいいもの食堂 ハレとケ」に来ましたよー☆




地図ではこちら



このお店は「グローバルビレッジ津雲台」(大阪大学の学生寮と教職員の宿舎として整備された施設)の中にあります!



そうです。実はここ、、以前私が取材させていただいた「ビタレーザキッチン」の建物のすぐ隣の建物にあるんです!右側の黒い建物がビタレーザキッチンがある建物♪この階段をのぼっていくと~、、



左手に見えてきますよ~



おいしそうなお料理の写真が目に入ってきました。お店に入る前に足を止めちゃいますね~(^^♪



スイーツも置いてあるのかなぁ~



早速中へ。。♡入ってすぐのはショーケースには先ほど店の前で見た写真のスイーツ!?




ショーケースの奥はカウンターです♪



カウンターの奥に調理場が♪




さらにひいてとると・・こんな感じでとっても広々(^^♪



お店の方に早速ご挨拶♪少しお話聞かせてもらいました!


ーまず「ハレとケ」という店名がとてもインパクトありますが、これはどうゆう意味ですか?「


「はぃ♪ハレは非日常という意味があり特別な日の食事、、ケは日常でいつもの食事、、という意味があります。ケの積み重ねの中にハレがある。そんな食事を楽しめるお店です♪」



ほー!初めて聞いた言葉でした。ハレとケ、、♪


ーご飯にもこだわりが??


「はい!熱伝導がとても良い銅窯で白ご飯をお出ししています。東北でつくっているこだわりの釜です!」

※協和メディカルグループの公式サイトから引用


ー入ってすぐなんかいろいろと飾ってあったんですが、、、これはお店とどう関係が?



ー江戸小紋って??




「これはですね★うちは銅釜以外にもいいものにこだわっていて、あちらののれんがそうなんですが江戸小紋と言ってこだわりの暖簾です」



江戸小紋とは、、調べたところパッと見は無地に見えるくらい細かく小さな柄が描かれているみたい!うん・・このネクタイを参考にしても分かるようにかなり高価な暖簾と予想します。笑
※聞けばウンジュウマンエン(°°)


他にも壁紙や、テーブルなんかも自然のものにこだわっているそうな、、♪



ーショーケースにあったスイーツはお店のオリジナルですか??


「あれは梅田のルクアイーレにも入っているhi-cheeseというお店のものなんです♪」




そうなんですね!可愛いカラフルなチーズケーキでお味もいっぱい(^^)/


さて。ようやく注文注文。笑
自慢のこだわりの銅釜の定食はご飯の硬さを選べるみたい




こんな感じ~(*‘ω‘ *)




可愛い手毬寿司に、、、




お蕎麦もある♪辻蕎麦と言ってこれもこだわりの一品だとか♪



私はこちらを頼みました♪

※つくも手毬十貫(スープ付き)1408円


手毬寿司可愛い~(><)♡



しょうゆはハゲで塗ってくださいとのこと♪



そして母が頼んだ定食をちら。気になる銅釜・・・ぱかーん!の瞬間★
※湯気、伝われ~笑


ごはんつっやつや!めっちゃ美味しくて、おかず無しでもいけるぞこれなら、、、




ちなみに頼んだのは・・ハンバーグ定食でした♪卵もめっちゃオレンジでおいしそうでした(^^♪




窯の存在感★
※銅羽窯ご飯とハンバーグ  1480円


もともとここは、隣接する高齢者向け住宅の食堂だったみたいですが、多くの方に♪ということで今に至るそうです( ˆᴗˆ )
お手頃ランチ♪というわけではないですが、食材や店内のもの、お米も炊き方も。。こだわりがいっぱいいっぱい詰まっていて足を運ぶと色々と納得です✩


落ち着いたlunchを、、落ち着いた店内で♪日本のいいものに囲まれてみなさんもゆっくり味わってみては??♪




日本のいいもの食堂 ハレとケ

津雲台つくもゲート地下一階
11:00~21:00
06-6155-6005
定休日なし
駐車場あり
お持ち帰り・ubereatsもしているみたいです★

  • 昨日のアクセス数:03850
  • 今日のアクセス数:03476
  • これまでの合計 :00382934
pagetop